一度きりの人生 転がるように

とにもかくにもえだつよし

セクシーにゃんこ 江田 剛の 2017年6月を読んで

毎月25日を楽しみに生きてる。

江田剛くんのジャニーズweb・「Theyたくなひととき」の更新日だから。

彼の所属グループが宇宙Sixに変わって、連載がスタートしてから2年以上経った今も、They武道だったときと同じようにTheyたくなひとときのときの約束のまま25日にきちんと更新してくれる。

これって、慣れてきたけどすごい事だなぁとときどき思う。

 

お仕事期間や、その前のお稽古期間は、どんな風に、どんな思いでおしごとに臨んでるか知らせてくれるとってもありがたい場所。

連載がはじまってから、They武道として、宇宙Sixとして、特におしごとの予定もなくて、月に1度、「よかった今月もちゃんと生きてた」っていう、生存確認の場所だった時期もあった。

ときには「今月しごとのことで公にして伝えられること何にもなくて、ネタないな」とか、いろんな規制があって書けることないなってときもあったと思う。

 

それでもわたしの好きな江田くんは、毎回毎回、読後に「今月のTheyたくも、Theyたくだった!」って毎回思わせてくれる。

お仕事のこととプライベートのことを両方教えてくれる。それでいてつらいとかしんどいとか、読んだ人がマイナスな気持ちになることは絶対ない。いつも、前向きで謙虚でまっすぐに頑張ってる江田くんがそこにいる。会える時も会えない時も、25日になる度「今月も江田くん頑張ってるからわたしも頑張る」と、いつの間にか、気持ちを新たにする日になっていた。

個人的に言えば、わたしは江田くんが何を食べたよ、誰と食べたよってごはん報告をしてくれるのが安心できてとてもすき。偏食でアレルギー持ちな江田くんがおいしくごはん食べて暮らしてると思うと心底うれしいから。お願いだからどうか今後も毎月ごはん報告ください。

 

 

そんなことはさておき、今月の江田くんのお当番日。

季節のあいさつとファンへの気遣い。

めめ、あ、目黒とのごはん報告。

クリエの振り返りと今後の抱負。

次のお仕事の話。

お決まりのペットちゃんコーナー。

 

今回も盛りだくさん!

ちゃんと柱立てて書いてるのかなぁ。翔太くんじゃないからそこまではしないのかな。

クリエの構成とかダンスの振り付けもそうだけど、あたまの中で(こういうことをしたい)ってイメージを結構長い期間もってて、いろいろなものに触れたり勉強して取り入れたりしながら、自分の中で磨いていって、それをある日メンバーさんとかファンの前に これでどう?って軽い感じで ドン!!!ってものすごい仕上がったクオリティの高いものを出してくる感じがしてる。周りで見てる側からすると、「えっ!そんなすごいものを、急に出してきたの?!」って感じ。江田くんの仕事の仕方のすきなところ。

どれだけ努力したとか、こんなに大変だったんだとか、自分頑張ったよアピールをたくさんしてくる人っていて、それを、嫌な感じじゃないけど上手にアピールできる人もいて。そういう人って可愛がられるのが上手で、例えば先輩と上手に距離を縮められて、ときには上手にお仕事と結びつけたりできる、そんな印象。

宇宙Six…についてはまだ分からないけど、江田くんとか、They武道ってその逆をいってる感じ。

見えないところで努力や苦労をたくさんしてて、けれどそういう所は決して見せない。

逆に、難しいことや大変なことを、いかにサラリと、こんなの簡単で、少しやれば誰にだってできるよーっていう感じで熟すかっていうところに重きを置いている気がする。

当たり前のようにすごいものをみせてくれて、けれど決して奢らない。そこがどうしようもなく好きなんだけど、もっと上手にアピールできればきっとたくさんのチャンスが掴めるだろうに、掴めただろうに!と悔しく思うこともあった。

派手なことはしないけど、与えられた仕事を、期待された以上にやる。それが当たり前。先輩がいる仕事では、いかに先輩をよくみせるか、いかに先輩がやりやすいようにさり気ない気遣いをして立ち回れるかが最優先。自分たちが目立とうなんて、二の次三の次… ここ数年年に一度、唯一自分たちがメインに立てるジャニーズ銀座だって、バックについてくれている子たちの気持ちが分かりすぎる故に、バックにも活躍の場を、前に出られる時間を、誰がメインとかじゃなくてステージに出てる全員で今一番いいものをみせるんだという気持ちが出過ぎる。絶対に悪くないし、そんなのを態度で示せるなんてなんていい子たちなのって思って、ステージにいる江田くんや翔太くん亮太くんをみてて、彼らの姿勢に涙が出そうになる瞬間がたくさんある。

本物を観せる。本物で魅せる。わかる人はわかってくれる。わかってくれる人が分かってくれればいい。そういうのが伝わってくるようで、わたしはわかるよ、みてるよって気持ちになるし、彼らの陰でしてきた見えないように隠した努力を、ひとつでも多く見落とさないように見せてほしいなと思う。けれど、それに気がつける人って、そんな彼らを魅力的だなって感じられる人ってどれだけいるの、どれだけの時間がかかるのって思うと、彼らにもっとずるく器用にやればいいのに、とも思うし、もっとうまいことやったらいいのにとも思う。けれどそんなの彼ららしくないし、そうなってしまったら彼を彼らを好きでいられるか。延々と続くパラドックス

 

彼らのつくる本物を、理解できる人がたくさん増えますように。本物だから、どこに出しても恥ずかしくないし、インスタントのものになんて負けない輝き方をするんだ。だからみんな、見つけてしまったら最後、ここから離れられなくなるから。覚悟しないと。

 

そんなことを考えた、6がつ25にち(にち)。

何がいいたいのかっていうと、あぁ江田くんのその感覚がすきだなっていうこと。

宇宙Six初単独コンサート初日

あたらしいユニットになって、初めてのコンサート。

期待はしてる。それを遥かに越えてくれることも知ってる。けど、どんなものを見せてくれるんだろう、魅せてくれるんだろうって、やっぱり緊張してるんだろうなお腹いたい。

 

わたしも、今回のクリエで宇宙Sixのファンになれますように。

3日間、準備をがんばってきてくれたメンバーが楽しめますように。

次に繋がるステージになりますように。

2016.9.23 アイドル江田 剛 誕生!!15th

They武道 江田 剛くん 15回目の入所日おめでとう*°

江田くんが事務所に入ってくれて、今日もアイドルしてくれてて、本当よかった。
江田くんがこの道を選んでいなかったら、今のわたしもいません。
江田くんが今日も上を目指して前を見て進んでくれてるから、わたしも今日ここで頑張れるよ。
今日のわたしをつくってくれてありがとう。
江田くんのおかげで、たくさんのことを知れたし、素敵なものを観られたし、素敵な場所に行けました。
たくさんたくさん伝えたいことがある気がしてるけど、贈りたいのはたくさんのありがとうだよ。

わたしはどうしても江田くんが好きで、声も、ダンスも、歩き方も、優しいところも、ふわっとしてるところも、A型なところも、にゃんこなところも、思ってるよりずっと男なところも、髪型も、アクロバット高いところも、左目の二重も、つめの形きちんとしてるとこも、どうしようもなく好きなんです。
最近、ジャニーズがすきという訳ではない子に、よく江田くんのことを話します。
どこが好きなの?どうして好きなの?などなど、あまりに基本的すぎることを改めて聞かれることがあって、彼女に話しながら頭の中で改めて考える機会になっています。

わたしは江田くんが、動くたびに好きで、歩いても、ダンスのひとフレーズ踊っただけでも、あ、今のすき!の連続です。
いっこいっこが好きで好みだから江田 剛という人がこんなに好きなのか、それとも江田 剛という子が大好きだから江田くんのつくりだす全部がこんなに好きなのか、自分でももはや分かりません。誰か説明してほしいくらい。
たまごが先か、にわとりが先かのやつですね。
けど、確かなことは、江田くんをみる度、つくったものもに触れる度、あぁわたしはこの人がどうしようもなく好きだなぁって思わされるし、その度合いはほかと比べものにはならないレベルで。
江田くんがすき、という事実は、もはやわたしの中の当たり前の決定事項です。
口を開けばすぐ「江田くん」って出てきちゃう。、
願う事は江田くんがしあわせでありますように。希望がかないますように。やりたいお仕事ができますように。
そしてこれからも、ずっといろんな江田くんをみせてほしいし、ずっと応援させてほしいよ。
お手伝いできることがあったら、ぜひお手伝いさせてほしい。
15年目もますますキラキラな江田くんでいてね。
まずはABC座で逢えるの楽しみにしています!

さらりとかこうと思ったのに、こんなに書いてしまったし、ついつい好きが溢れてしまった…

ほかの事務所のチケットの話

専らジャニーズ事務所にお金を振り込み続けてるわたしですが、今回久しぶりに別な事務所にお金を振り込むことになりました。
Jr.メインで公演の申し込みをしてるので、出演者の名前が発表されていて、好きな子の出演が事前に確定しているときは、「このお金が彼の食費になるんだ」と思って喜んで振り込んでいるのですが。
久々にほかの事務所のチケットの申込方法みると、親切すぎて感動を覚えるレベルだったので、書き記してみる。

〇申込方法
ジャニーズ事務所は郵便局に青い紙で振込方式と、最近はweb申し込みも増えてきたのでありがたい。
日本全部どの郵便局でも、あの青い振込用紙使ってる人の9割以上の人の目的はジャニーズ事務所へ愛を振り込んでるのに違いないと思ってるよ。

さてこちらは、webでの申込と電話申込の2種類。
ちなみに、申込受付の期間は2週間。

会員番号、登録している名前、住所を確認後、メールアドレスと連絡の取れる電話番号を入力。
公演日とチケット枚数をえらんだ後、入力するのは2つだけだよ!申し込み事に住所とかなんとかぜーーーんぶ入力させる事務所様になれてるから、超絶簡単すぎてびっくりですよ!
ちなみに、申し込み確認メールはジャニーズ事務所もくれますが、受け付けましたってだけなので、間違ってないかな大丈夫かな?ってどきどきするやつですよね…
こちら、申込日と申込内容(公演日時・場所・枚数)と、抽選結果の確認日時と方法が記載されてます。

〇当落発表
ジャニーズ事務所は当落電話をひたすらかけるか、web申し込みの場合はメールが送られてくる。
こちら、メールも来るし、全文が確認できない方は、ということで、webでも確認できる。
これなら、万が一メールが消えてしまっても安心。

〇チケット代の支払い方法
チケット代金専用払込用紙が普通郵便で送ってもらえて、それをコンビニで振込可能。コンビニならどこにでもあるし時間もこちらの都合で選べるよ便利!
振込用紙が届いてからとのことなので、支払い期間は2週間弱。普段、2・3日で振り込んで!と急かしてくるジャニーズ事務所に慣れてしまったので、とってもゆっくりに感じる。
この送ってもらえる振込用紙、会員番号やら金額やらの必要な情報はほぼぜーーんぶ記載された状態なので、こちらは本当にコンビニに持って行ってお金を払うのみ!なんて簡単なの!

というわけで、事務所を通して応援している好きな子にお金を振り込ませてくれるジャニーズ事務所には日々感謝しておりますが、もう少し!チケットの申込方法が手間じゃなくなるといいなぁー、と、願うばかりです。
や、どんなに手間がかかる方法でも、申し込むことは決してやめないんだけどねー。

They武道クリエ2016メモ

They武道クリエからはや数日…
今年も相変わらずの、そして予想を越える素敵な素敵な3日間でした。
2016年でおそらくいちばん楽しい3日間が終わってしまったと思うとさみしいけど、さみしさに浸るだけでなく、きちんと前向きな気持ちを残してくれるのがThey武道のジャニーズ銀座。
熱量を保存すべく、公演中の頭のなかみを記録。
とりあえず曲編。
頭のなかのメモ帳レベル。

オープニング
幕があがって、何故かそこにはセンター松本幸大
あれ、わたし今日何しにきたんだっけ・・・?と一瞬の不安
その周りには赤・黄色・紫のThey武道メンバーカラーのフラッグを持ったバックJr.6人。
一言ずつセリフをいいながらフラッグの後ろから登場してくる。
最初は色がバラダラだったのが、動いて最後They武道の登場する場所にメンバーカラーのフラッグ二枚そろう。

SUMMARY
そのフラッグの後ろからThey武道登場!!
自分たちの登場をあの小さいステージでちゃんと焦らす感じ、会場の規模これでよかったんだっけ?!ってなる。
横アリでやれるわ。
衣装もカラフル。遊園地意識。
歌詞の内容とか込めたであろう思いがすき。
嵐のJaponismに通ずるところを感じた。サビの煽り上がった!
刻まれてく~江田くん。いい声。
hyper beat感じながら~からの腰入れる振りすき。ぐーの煽り。(下手からえだ・しょ・りょ)
翔太くんセンターってバランスよく見える。
間奏、Hey! Hey! ・・・のあと、下手ふたり江田・松倉?が右見て止まる→首だけ下手へ→2人以外みんな踊る→全員の流れかっこよかった!(語彙が足りない)
ラストのフェイクは林翔太くん。今回の公演はこーいうところ多かったね。安定だね。
曲ラストの3・2・1のポーズのひとつひとつのかっこよさったら!!!

るしえる
これ選んだの天才じゃない?
きみのイニシャル紡いでくメロディイィイの江田さんのフェイクが超ーーーすきだった。なにあの甘いの!
いぇーーーのはやしさん!!!
江田さん下ハモ。がんばってる!えらい!すき!
去年も、江田くん下パート頑張ってくれたの多かったよね。
曲の頭で衣装からひらひら出すのすきだった!小技!途中最初から出てる仕様だった公演あったね。

welcome to our party
8列のとき見つけて手を振ってくれて、開始早々もうここで6000円分だわーってなる。
君を待っていたんだよ 幸せになるための~
一緒にいぇい!ってやるのたのしすぎうれしすぎ。
客席降りのタイミング上手!江田くんセンター下手→下手
メインステージで終わる。

曲終わりでメンバー一人ずつ挨拶と煽り。
亮太くん→江田くん→翔太くん。
おわったら一人ずつはけてジャケット置いてくる。
バックメンバー紹介。名前とお願いします!程度。フルネーム!
「最後に、松本幸大!」で幸大くんも登場。They武道と同じく黒シャツ。ほかの子は白シャツ。ステージに横一列。

Battle
最初の音でシャツの前をバッ!!!って開く10人。゜(´⊃ω⊂`)゜。 突然の18禁(公演1度目)
なにその2人組アクロ!センターから跳ぶ4人。(ドリボでぜいがやってたヤツ)
センターで跳ぶりょちゃん。パンツ見える。
亮太くんパンツ高めだけど江田くんと翔太くんはパンツほぼ見えない。これのためにパンツ腰ではいてるの愛おしくない?!
バックの子に寄りかかって見下す目をしてくる江田くん
下手の、指加えみているだけならの江田くん…
この曲の江田くんの目の使い方すき。

SUMMER TIME
ひたすらかわいい太陽で2回手を挙げ
階段降りてくるとことか!
夜空を見に海連れ出せたらの右上の星を見るところすごいすき。
夏の前に君に会えたからをファンレターで知った。
ファンは喜んでたけどたまたまだったりょちゃん。笑
ラップを1人ずつジュニアつかった
そのあとレイをかけにいくりょちゃん
渡した後決して目を合わさないで空気見て歌うのがつぼ!
これりょたファンだったら絶対ドセン入りたかったくらいに、センターがおいしい振り付け。指差しいっぱいだもん。
彼は本当にバックの使い方が上手だよねぇー。毎年ソロ絶品。

のあとの煽り。だんだん失速してくやつ笑
そして「次のコーナーどうぞ」とはけてく

ピンライトの中でアカペラで歌いはじめる翔太様
エコーで響く自分自身の声を楽しむように音が完全に消えてから次のフレーズへ
まつまつの雰囲気あるバックダンス
瞼をふせてうたう林さん。゜(´⊃ω⊂`)゜。
ピンクの照明の使い方!マイクを持つ手のピンキーリング

終わった瞬間、林さんがはけるのも待たず、浸るまもなくTheyランドの紹介
ちゃーらーらーみたいな豪華な音が響く。
「改めましてみなさんこんにちは。改めましてTheyランドのオーナーを務めます、まつもとこうたです。今日はいろんなアトラクションを用意しています。では、パレードの始まりです」
ぜいジュニアでてくる
みぎ両手、みぎ両手くるくる
ふれたら~で階段降りてくる
こうたくんとハイタッチ
お尻振る
右手広げてくる
きみーに、でしたから指差し!きゅん!
りょうてくるくるくるぱ!
かわいくって、しあわせ!

GUTS!
テンションあがる!
客席おり。
去年は江田くんの振り付け講座あったけど、今年はやらずともThey武道バージョンの振りで。
「去年教えたんだから当然覚えてるでしょ」っていう無言の圧力かけてくる武道。
そして当然覚えてる踊れる客席。なんの迷いもない。
通路にJr.と交互。Bメロえだにゃんりょちゃんしょちゃんの順で。にゃんにゃんするえだ、じゃけっとひらひらなりょちゃん、うしろに倒れるしょーたさま
りょちゃんのあおり怖い。おどし!声出さないところされる!笑
えださんの舵をとれーはホームラン♡
にゃーにゃーでうたってるのは客席だけ。
四公演目にして去年の自分たちの間違いを、律儀に覚えてやってるファンを正してくるThey武道
最終公演で本当はどっちで行くべきなのかとファンを路頭に迷わせる武道笑

In Fact
足跡そっと二歩あるってさがる手のひらをひらいたら両手あつめてみぎて下からまわす
間奏のフォーメーションダンス超絶かっこいい!あそこの音のとり方!
した左から右へ、上へってくるのかっこいい。
山本亮太監督の振り付けの極みって感じ!!!
本当の時が回り出す
江田さんの上手で下ハモ。回りだすでゆびまわす。えろ。
ふとにぎったてのひらをひらいたら
てをまえ、よこ、うえ(た)って動かすのかっこいいの!

FightingMan
まだ踊る!(でもこれ、去年の方がもっと踊ってなかった…?)
サビ前は江田くん主旋、翔太くん上ハモ、亮太くん煽りのバランス百天まんてん!!
ふぁいてんぐまーんで拳上
2番無し
のんのーんで両手広げるの好き。
どんるっくばっくどんるっくばっくジュニアでひとりずつ 階段うえ
うぃーあーふぁいてぃんぐまーんは下に指差し

力尽きたからMC前までで一区切りしよ。

They武道クリエ 最終日

いよいよ今日がきてしまった。
知ってたけど、はやすぎる。
江田剛くん、林翔太くん、山本亮太くんが、全力で楽しめますように。
嵐兄様のところでも新曲の振り付けしたりコンサートに構成部分で大きく関わってるなんてすごいよ。
しかも今日はドラマに翔太くんが出演しちゃう日だよ!
ダンススクエアも早売りゲットしたけど明日から本屋さんに彼らが表紙の本が並ぶんだよぉ。大活躍の3人。
あと2公演、がんばってね。がんばろうね。

今年も最高の3日間に

ジャニーズ銀座They武道公演ついにスタート!
今年も、さすがThey武道!さすが3年目!なステージでした。

途中大人の都合なんでしょうねぇ、Jr.コーナー多かったりして不安な時間もあったけれど、その後確実に自分たちの時間でその一瞬の不安も拭ってくれる。
あんなにふわふわでかわいくて、スキルが高くて愛すべきひとたち他にいないわ。
個人的には、江田剛というひとがそこにいて、曲がかかって動き出せば、どんな瞬間だって、やっぱりこの人にかなう人はいない、この人以上はいないって何回も思わされた。
そこにいて、立っていてくれるだけで好きがあふれた。
トラジャにもMADEにもすきなひとがいてすきだなぁって公演時間中思ってたけど、それも段違いだった。

もうあと2日!何より3人が楽しめますように!次につながるものになりますように。
2日目、初日からの彼らのレベルの上げ方は例年半端じゃないから、そこにも期待。