一度きりの人生 転がるように

Jr.をすきになって、気づいたらこんなことにー

嵐さんてやっぱりすごい

嵐Japonism行ってきたー!!

日本てキレイだなって思ったよ。゚+.(∗ ˊωˋ ∗).+゚。
 
初見の感想をまとめたかったんだけど、全体的なことは時間的に書けそうにないので、部分的に。
 
去年のデジタリアンもそうだったけれど、バックのJr.の待遇がよくなっていて感謝♪
They武道は、今回彼らのために作ってくれたんだろうなっていう衣装をいくつか着てたし。
紫と黒地の和の衣装で、桜の刺繍がたくさん入っているのは本当に素敵だった!
裸に紫スーツもよかったけどねーヾ(*‘ω‘ )ノ
 
愛を叫べは、いちばんギャップにびっくりした曲。
嵐がTVなんかで披露してるのは見てたし、CDも何度も聞いたけど。
すごく爽やかで嵐らしくて明るくて…って思ってたのに。
まさかの、愛を叫べを見ていてさみしくなるとは。
They武道みながら聞いてたら、彼らに結婚を祝われるのがさみしすぎて。゜(´⊃ω⊂`)゜。
なんだそれって自分でも思ったけれど、なんだろ、好きな人に、それ以外の人との結婚を祝われるなんてさみしすぎてごめんだと思った。
初めての感覚だった。
嵐ファンの皆さんは、この曲が出た時からそんな気持ちになっていたんでしょうかねぇ…
 
コンサート終盤のバラードで、わたしは池を思って泣いた
普段曲を聞くときはメロディーラインを重視して聞いているようで、歌詞はなんとなーくしか覚えてないっていうのがほとんどなんだけど。
この日はやたら歌詞がまっすぐ入ってきて。
前日の挨拶のところで、二宮くんが、「辞めたJr.」というワードを出したそうで、それを直接聞いたわけではないけど、誰を指していったのかは結局分からないままだけど。
けど、4万5千人の前で、辞めた子のことを話題にして。
それがとてもうれしかったしありがたかったんだよなぁ。
今までずーっと嵐のコンサートの一部をつくっていた池田優という人を、バックという枠じゃなくて、ちゃんとひとりの後輩として大切にしてくれてたのかなって。
これからのことも、辞めたから完全に終わり、ではなくてちゃんと続いていくのかなって。
これからのいけがどうして行くのか、わたし達にはもう知る由もないけれど、ナゴヤドームの上の方で、いけのしあわせを限りなく祈った瞬間だった。
 
それにしても、この演出にかかわれて、一緒にコンサートをつくれるJr.って本当しあわせだなって思った。
わたしも、Jr.だったら今回のツアーに出して欲しい!