一度きりの人生 転がるように

Jr.をすきになって、気づいたらこんなことにー

ジャニオタ、防振買うってよ

この辺の世界にいると定期的に出てくる双眼鏡の話題。
現場があるたびに「財布とケータイとチケットと、あと双眼鏡あればどうにかなるでしょ」レベルでなくてはならないもの。
財布ケータイと並ぶなんて、他に何がある?
だって、貴重な現場で、ステージの上できらきら頑張るだいすきなひとのあんなところもこんなところも全部観たい。
あの曲を踊っている時の、あの瞬間の表情が好きすぎて見落とすわけにはいかない。
あわよくば、本来は見えてはいけないものまで観て帰りたい!
そんな一心で、いつもバッグの中に双眼鏡を忍ばせて会場に向かう。

そもそも、ジャニーズに堕ちたての頃は、双眼鏡を覗いているなんて逆に難しいと思っていた。
もともとはジャニーズでないアーティストのLIVEに行って、跳んだり跳ねたりしてるときが人生の中で1番生きていることを実感できると思っていたレベルの人間なので。
ライブに行って、好きな人に会って、ずっと静止して双眼鏡を覗いてるなんて考えられなかった!

舞台に通いだして、好きな人を座って眺めることが多くなっても、最初の頃は、「双眼鏡で見たいところを探している間に肉眼で見た方がはやくない⁉︎」という考えだった。(後に、双眼鏡で見たいものを探す、という時間は、経験によって0にできることを体験から学ぶ)

そんな中、母ととある公演に入ろうとしていた前日、「会場に行くとみんな持ってるからわたしたちも持っていくー?」という軽いノリで、初双眼鏡を入手。
普通のホームセンター内の一角にある双眼鏡売り場で、倍率、持ちやすいもの、見やすいもの、値段くらいをみて適当に決めたもの。
双眼鏡の良し悪しなんて、どーいう基準で考えればいいかも知らなかったしねー。

そして初めて使った双眼鏡。その感動はきっと忘れないと思う。
席は1階の15列目程だったと思うけれど、自分の好きな子が、自分のすぐ目の前で踊っているような景色。
これはすごい!
ファンがみんな公演中ほとんどずっと双眼鏡をのぞいているのも納得だった。
視力はいい方なので、そこまで見えにくいと思ったこともなかったし、好きな人がいる空間に行けただけでもしあわせ♡なお花畑モードだったけれど、この感動を忘れられず、この日からわたしの現場には双眼鏡が欠かせないこととなる。
思えば、人生を変えた1日となった。

このとき購入した双眼鏡は母が購入したもので、わたしは借りて観るという形だったけれど、私の方が圧倒的に現場数が多いので、徐々にわたしの支配下に。
この初代の子とは約10か月程行動を共にしてきて、かわいい男の子達の踊る姿を映してきたけれど、観劇先で接眼部分が片方ぽろりと外れ、その日を最後に別れを告げた。
忘れもしない、滝沢歌舞伎の千秋楽の日だった。


ひとつの舞台は千秋楽を迎えたばかりで、双眼鏡はしばらくいっかーなんて思う間もなく、直後に大事な現場があったので、その日、最寄りの有楽町駅前のビックカメラB2の双眼鏡売り場に行き、2代目を購入。
さすが有楽町駅前、徒歩圏内に帝国劇場、国際フォーラム、日生劇場、シアタークリエと、徒歩圏内に劇場が複数ある街で、双眼鏡を求めて来る女子も多いのだろう、売り場担当のお兄さんの説明は手馴れたものだった。
双眼鏡を選ぶときは、倍率、視野の広さ、明るさの欄を見て選ぶこと、劇場で使うのがメインであれば、倍率は8〜10倍ほどあれば十分だが、倍率が高くなるほど視野が暗くなる(理科で習った!まさかここで使うとは!)ことなど、ほしい情報をさらりとしてくれた。
想像だけでものを言うけれど、日本中の電気屋さんで、双眼鏡を一番売り上げているのはここではないかと思う。*1
お兄さんがくれた知識を元に、あとは予定金額のなかでかえるもののうち、倍率と視野の条件が一番良いものを選べば良いのではないかとアドバイスをもらったので、それに従って、結局はそのとき売り場のポップで人気ナンバーワンと書いてあった双眼鏡を購入することとなる。

さすがに2代目はきちんとアドバイスを受けて選んで買ったこともあり、2代目双眼鏡のデビュー公演では、会場がシアタークリエと小さかったこともあるけれど、江田剛くんの表情がさらにクリアに言えるようになったことに感動した。


と、デザインも可愛く、コンパクトで、気に入って会場での感動をずーっと共にしてきた2代目双眼鏡だが、2015年12月、不満を覚える出来事が重なった。

まず、一番のきっかけとなった嵐コンでの出来事。
運良く、アリーナ席で観られた日は、ステージもいろいろなところに作られていてピントが合わない瞬間もあるし、双眼鏡で見てもやっぱり遠くて、顔がはっきりしないなぁなんて思いながら観ていた日もあったが、しょうがないと思った。
だってドームだもん。
が、わたし的Japonism最終日となった、スタンド席に入った日のこと。
アリーナでは感じなかったけど、あの数万人で嵐兄様たちに煽ってもらってぴょんぴょん跳ぶと、スタンド全体がすっごい揺れるんだね‼︎
アップテンポな曲では常時震度2くらいの揺れを観測してた。
多数派である嵐さんをメインに観ていらっしゃるみなさんは、嵐さん照明も当たるし、大きなスクリーンにお顔も映るし、双眼鏡なんてなくたって全力で楽しめると思うのです。
一方、わたしが一番に観たいのはその後ろで頑張るJr.のみんな。
照明もない暗がりで踊るシーンもあるし、嵐さんなら細かいところはDVD化して発売してからよく見ようなんて諦められるところも、うちの子達がどの程度映り込めているかなんて予想もできないため、今ここで目に焼き付けないとという気持ちが大きくなる。
舞台と違って立ったまま、ペンラとうちわも持って、震度2の揺れの中、遥か遠くにいるThey武道を追いかけ続けるというのは、それはそれは困難だった…
一般的な双眼鏡の限界と、防振双眼鏡の必要性を痛いくらいに感じた。

そして直後のジャニーズカウントダウン
一夜限りの公演なため、もちろん前情報もなく、セットリストも立ち位置も不明な中、あちらからこちらからと次々に登場しては素敵なパフォーマンスを魅せてくれるイケメンたちの中、自分の一等好きな子を探し出さなければならない。
しかもJr.!
例によって、「つぎは、◯◯〜!」と紹介してもらえるわけでもない。
バックステージでメインのパフォーマンスをしているときに、同時に空いてしまっているメインステージでダンスしているなんてこともある。
これまでに鍛えた、どんなに離れていても好きな子の形と動きの癖で見極める動体視力?と、鋭い感を駆使して頑張る日。
メドレーになっていて、1曲あたりの時間も短いから、見逃してしまうとショックも大きい。
今回、ジャニーズWESTのときなどは出ているのは分かっても人数が多いので見つけるまでに数秒かかるなど、一般の双眼鏡では見極めが大変だった。
コンマ数秒ですら好きな子を見逃したくないという気持ち、お分かりいただけるでしょうか。
また、They武道がバックステージ付近でダンスし終えてメインステージに向かって戻る場面ではドームの端から逆サイドの端を見るような位置関係であったので、細かい動きまでは見えなくて残念な気持ちがした。
もっとクリアに観たい!という欲が高まる。

最後に決定打となったのは、タッキー&翼の新春コン。
幸せなことにドームにばかり続けて入っていたので、横浜アリーナだとスタンド席でも近い!
感動はしたが、やはりメインステージだと距離を感じる。
さらに公演2日目、ちらりと予想というか期待はしたが、見学席に大好きなThey武道とMADE登場…
もっといるけどよく見えない…
よくは見えなくてはっきりしないけど、あの左から2番目形とか動きからして江田くんのはず。
江田くんだけは間違いないだろう。
そしてその左の端っこは…亮太くんだなー。
そしたらその右側のおりこうに座ってる子は林翔太くん?だよね?
ステージの上ももちろん素晴らしいんだけど、まって見学席から目が離せない
江田くん(仮)ずーっと踊ってるんだけど
江田くん(仮)お洋服ピンク!
江田くん(仮)横に後ろにお話してるー!落ち着かないかわいい泣
なんていうのを、公演中ずーっとやってまして。
この(仮)は、比較的早い段階で外れたけれど、動きで9割そうだろうなって思っても、やっぱりお顔が見えないと確信できないもんねぇ。
客席の江田くんTheyちゃんとっても可愛かったけど、双眼鏡の性能が良ければもっといろんな表情がみれただろうになーと、少しのモヤモヤを残しながら帰宅。

そんな見えない苦しみを味わうこと数公演
去年だったら青山劇場に通ってプレゾン見てたのになぁーとか思いながら家でぬるりと過ごす1月中旬の休日。
少し朝寝坊して、お布団から出ることもないまま思い立ったことは

防振買っちゃおう


下調べとして、例のビックカメラ有楽町で高級双眼鏡のケースから出してもらってお試しさせてもらった防振の視界のクリアさに感動したわたしには、もう止められなかった。
お店で売り場担当のお兄さんの話を聞いて、買うならばこのメーカーのこの倍率というのは決めていたので、ネットであれこれ調べる。
購入を決めたのは、お持ちの方が多いCanonの10倍。
どこに行っても在庫がない状態なので、納期と金額を合わせて購入店舗を決定。
そして、6万円弱の買い物を。

さすがにこれだけの金額のものを買うってなかなかないのでこわい気持ちもありましたけど。
ぽちっとしてみたら、なんとすっきりして、気持ちのいいことか!!
納品まで2か月~3か月となっていたけど、一刻も早く届けてください。
そして早くこれで観劇させてほしい気持ちでいっぱいになった。
なんて現金なんだ自分…

そんなこんなで、待つこと約1か月!
ついに、わたしの元に入荷予定メールが!!
明日入荷予定だそうで‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››~♪
その後即発送してくれるということなので、1週間以内には受け取れることでしょう。

今手元にチケットないけど!
それでもいいの、早く届いて防振さん。
そして、これを使うためのチケットもくださいジャニーズ事務所様…

*1:わたしが双眼鏡を買った後間もなく、お友達ふたりも新しい双眼鏡を考えていたとのことでここで購入。