一度きりの人生 転がるように

Jr.をすきになって、気づいたらこんなことにー

ジャニーズ銀座2016にむけて

昨日3/4に予定通りに当落メールが届いた。
さすがのキャパ609人、なかなか思い通りにはならない事が多い公演だけど、だいすき。
チケットが当選しても落選しても口には出しにくいんだけど。
いつもだったら賑やかなtwitterも、しばらくツイートするひとほとんどなかったもんなぁ。
自分の好きな子の記念すべき公演で、いつもはバックにいて先輩のサポートに当たる子達が、ステージの中心に立てるんだもんねぇ。

単独クリエ3年目が決まったわたしたちのThey武道
当落が出ると、やっと実感がわいてきた。
お知らせメールが2/18に来て、今年もあるだろうとは思っていたけど、やっぱり内側からこみ上げてくるようなうれしさがあった。しあわせだった。
They武道がいちばんしたいのはLIVEのお仕事だし、そこが彼らのいちばん活きる場所っておもってるから。

3人がこの公演にどれだけの想いをかけてるか、分かってるつもりだから。
5月、素敵な公演をつくってほしいな。
3年目の彼らがどんなものを用意してくるのか、期待しかないなぁ。
一昨年の初単独、良すぎてびっくりした。
彼ら自身も自分たちの公演に達成感を得られたようで、しあわせだった。
去年、それを越えられるか心配過ぎて、観るのがこわい気持ちさえあった。前の年の方が…なんてがっかりしたくなかった。
そんな心配いらなかった。さらに盛りだくさんの、あったかくて彼ららしい素敵なステージだった。

さて3年目。
去年のThey武道をこえるというのが、彼らにとってもいちばん難しいことかもしれないけれど。
けどあるのは心配じゃなくて期待しかないなぁ。
They武道をみてると明るい楽しい未来しかみえないんだよなぁ。
陰の努力とか辛かったことは決して見せずに、あったかくてふわふわで前向きなプラスの部分だけみせてくれるThey武道が大好きだし憧れだな。

山本亮太くん、江田剛くん、林翔太くん、
ファン想いのみんなだから、見に来てくれたひとが楽しめますようにって気持ちをいっぱい込めてくれるところ、本当にうれしいよ。
ここから数か月、大変なこともあるとおもうけれど、ステージをつくる過程を楽しんでね。
応援してる!