一度きりの人生 転がるように

Jr.をすきになって、気づいたらこんなことにー

ジャニーズ銀座の重さ、意味

ステージに立つ
メインとして立てる

それはJr.にとって、目指すべき場所だと思う
会場のみんなが自分のパフォーマンスに注目をしている空間

クリエのB公演を観てきた。
Travis Japanの子達はふわっとしててみんなかわいくて、でも踊れるところを存分に見せてくれるステージだった。
やっぱりこの子達が好きだし、応援していきたいな、このメンバーでやってほしいなと思った。

トラジャの公演に行ってきて、トラジャのすばらしいところの話ももちろんしたいのだけれど、どうしてもThey武道目線で考えてしまうのでその部分を、頭の整理を兼ねつつ書きたいなと。
前にガムシャラに行ったときにも思ったこと。

わたしはこれまでThey武道の公演しか行ったことがなかったのだけれど。
They武道のクリエが、何であんなにもクオリティが高いのか、クリエ後のこっちの気持ちがなんでこんなにも持っていかれたままになってしまうのか。
それはひとえに、メンバーの、今回の公演にかける気持ちの重さ・大きさなんだと、改めて実感した。
あんなにかわいいTheyちゃんだけど、江田くんなんて実は28歳だし、メンバーみんな20代後半で、数少ないチャンスを逃すわけにはいかなくて。
失敗なんてできない追い込まれた状態で。
ずーっとコンサートや舞台で先輩を支え続けるばかりだった彼らだから、ステージのメインに立って、自分たちで自分たちのステージ構成を決められることのありがたさをよーくわかっていて。
だからこそ、自分たちのやりたいことより、ファンがよろこんでくれるためには何をしたらよいかを最優先に考えていて。
だから単独1年目なんて、テーマに感謝を持ってきちゃう子達なんだ。
今出来る全部を出してくれる。
予想をはるかにこえてくれる。
彼らがもってる全部をがんばって出してくれてるのが感じられるから、そんな彼らを好きになれたことがうれしくて、こちらも彼らに何かを返したい気持ちでいっぱいになるし、なんとか彼らの目標達成へのお手伝いができないかと自然に思わされてしまう。
なんかこう書くと相思相愛♡
そんな、持ちつ持たれつな関係をつくってくれるのが、They武道のステージなのかなぁって。

今日はトラジャのオーラスを観に行ったThey武道
3人の目には、何が見えたのかな。
あと20日後、今年は何を見せてくれるのか、楽しみにしてる。

正直去年のクリエ前は不安だったけど、今年は彼らを全面的に信頼してるから、楽しみしかないよ。
亮太くんも翔太君も江田くんも、今大変かもしれないけど、準備も楽しんでね。
そして、H公演3日間みんなで全力で楽しもうね。
わたしも残りの日数精いっぱいがんばる!!