一度きりの人生 転がるように

Jr.をすきになって、気づいたらこんなことにー

舞台・コンサートの見学にいく意思

昨日10/12は、タッキー&翼のふたり旅の広島公演。
わたしも今回のツアーのちに参加するつもり。
連休だし、去年広島行ったときの空気感が好きだったから、広島公演行きたいなーって思ったけど、連休最終日じゃあ…さすがに、今の温度では、滝つのために連休の翌日に仕事お休みまたは時間休をもらうのは、わたしにはできません。。
そんなわけで、おうちでゆるりとしてたところに流れてきたツイート。

「見学 They武道 林翔太」

や、目を疑いました。そして、次の瞬間わぁって胸に迫るものがあって、涙が出てきた。
広島だよ?東京からわざわざ新幹線で見学に行く??
しかも、林翔太が!タッキー&翼を!

最近の林くんはとても勉強熱心で、頻繁に見学に行っている。
先月まだ自分もDREAM BOYSに出演中の9/25、同じくThey武道江田剛くんと一緒に、日生劇場へ少年たちの見学へ。自分たちはその日昼公演だけだったけど、だからって夜公演見学⁉︎えらい!すごい!

そして10/9夜、再び日生劇場へ向かい、ABC座の見学。一階後方で立ち見だったそう。それでも行く林翔太。さすが。江田くんとりょーちゃんはどうしてる?

そしてそしてこの広島遠征。はっきり言って、タッキー&翼と林翔太がそこまで親密な関係だとは思えない。最初に見学のツイートを見たとき、しょーた?江田くんの間違いじゃなくて?と思ったほど。
じゃあなぜ、林翔太が広島まで、新幹線にのって、はるばるコンサートの見学にいくのか。
わたしが思うに、理由のひとつに、林翔太くんが、They武道の構成担当だからではないかと。

They武道は去年と今年と2年連続でジャニーズ銀座での単独公演を果たした。パフォーマンスはもちろん、They武道は構成力が素晴らしかった。
その構成を主に手がけているThey武道の構成部長は林翔太くんだ。
They武道のなかのどういった話し合いの中で林くんがそれをすることになったのかはわからないけれど、一歩引いたところから客観的にものごとをみることができる林くんに適任だと思ってる。
最近の雑誌の中で、MADEや‘‘MAD”も言っているが、嵐のコンサートのバックに長年ついて、松本潤がいつもその役を引き受けてドームという広い空間と時間を幸せと驚き、楽しさで満たすのを近くで見てきた彼らにとって、自分たちが一番良く見せられて、一番ファンを楽しませることができる演出をメンバーでつくるということは、もはや感覚として当たり前なんだと思う。
They武道は、確実に次を考えて意思をもって動いていて、今年のクリエでも言っていたけれど、本気で近い将来単独公演をやる意思があるのだと思う。
今年のクリエ最終日、林くんが「もっと広い会場でできると確信した」と言った。実際、今年の内容だって、キャパ600のシアタークリエで5公演しかやらないのがもったいなさすぎる内容だった。あのままホールにでもアリーナにでももっていける内容だったと思う。
江田くんも、今回来られない人たちもいたから、「来られないなら俺たちが会いに行けばいいじゃん」と、地方公演を期待させる言葉を残してくれた。
いろいろな舞台、コンサートのやり方をみて、次につなげてほしい。実際今だって、さすが入所14年目の彼らは、それぞれの先輩たちのいいところをよく分かってるんだなと思うステージをつくることができる子たち。すばらしい!

They武道のいろいろなお仕事をみて思うのは、さすが場数を踏んできただけあって、どのお仕事もそつなくこなして、そのステージのレベルを上げてくれる子たちだということ。それでも、数あるお仕事の中で、コンサートでのThey武道がいきいきしていてアイドルしてて、いちばん素敵だと思う。だからこそ、They武道の単独公演をどうしてもまたみたいなと思うし、去年も今年も素晴らしすぎたけど、They武道だったらもっっっとすごいものをちゃんと次に用意してくれるでしょ?と期待してる。期待しかない。

もしかしたら、滝つ観に行こうかなぁと思ったら今回関東公演がなくて、それなら広島にいきたいなーと思って、旅行がてらきてくれただけなのかもしれない。もしそれでも、ひとりではるばる広島まで来て見学していく林翔太くんの気持ちはほんものだと思う。わたしは林翔太のそういうところがすきだから。
ここ最近の見学で得たものを、近い将来みせてもらえますように。